筑前小石原焼 まるた窯元

 

 

 

 

 

 

経済大臣指定 小石原焼

 

 

 


福岡県朝倉郡東峰村にて300年以上前より受け継がれている小石原焼。

 

 

 

生活雑器としての道を歩みながら、「用の美」を確立し、

 

いま注目を浴びている焼き物です。

 

 

 

 

 

飛び鉋(とびかんな)や刷毛目(はけめ)、櫛目(くしめ)、指描き、流し掛け・打ち掛け

 

 

などの様々な技法で、表現される独特の紋様が特徴で

 

素朴で温かい風合が持ち味です。

 

 

 

 

飯塚市より約1時間ほどの場所に位置する小石原。

 

 

 

いまやテレビで取り上げられるだけでなく、

 

大阪など各地のデパートでも名焼き物として注目されている焼き物です。

 

 

 

 

今回はその小石原焼の中でも、数々の賞を受賞され、

 

 

外でもご活躍されている

 

『 まるた窯元 太田 剛速 』さんの作品を入荷しました。

 

 

 

 

 

 

ひとつひとつ職人の手で作り上げる焼き物は、伝統的な技法だけでなく、

 

作り手の優しいぬくもりや一生懸命さ、時には大胆さまで感じられます。

 

 

 


****************************************************************************

 

「ぜひ手に取って、触ってください。


ひとつひとつ違うのを感じていただけると思います。


 同じ器のように見えて、全て違います。


 手作りとはこういうことです。


 持ってみて『しっくり』くるものが、あなたの器ですから。」

 

****************************************************************************

 

 


実際にひとつひとつ手に取ってみると、

 

その言葉の通り『しっくり』とくるものがあるんです。

 

 

 

 

このように吟味して選んだ、自分だけの特別な器。

 

手作りでしか味わえない器の選び方を皆さんもしてみませんか?

 

 

 

 

 


これからの季節、小石原焼ならではの特徴をいかした

 

ビアカップは特にオススメです☆☆

 

 

缶ビールでもきめ細やかで、クリーミーな泡が楽しめます!